悪性リンパ腫 再発 高齢者に多い

悪性リンパ腫の再発は高齢者に多い

スポンサーリンク

悪性リンパ腫の再発は高齢者に多い傾向があります。
それは、非ホジキンリンパ腫に分類されるタイプの病気であることが関係しています。
年齢のピークが50代以降という傾向から、高齢者に多いという印象を抱かせています。

 

 

【悪性リンパ腫の分類】
悪性リンパ腫はホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に分類されます。
前者は20〜30代が発症のピークで、後者は50〜60代がピークです。
発症の時期も違えば、その後の経過も異なります。

 

高齢者に多い非ホジキンリンパ腫は、再発もする病気です。
きちんと治療を行ったとしても数年後に再発を認めることがあります。
定期的な受診によって経過をたどることで、体の変化を逃さないようにするのが注意点です。

 

スポンサーリンク

 

【定期検診が再発の早期発見に繋がる】
悪性リンパ腫は人によって違いがあるものの、再発してからわずかな時間でどんどん進行してしまうケースが存在します。
高齢者に多いという特徴を持っているということは、治療の選択肢が限定されるリスクを持っています。
外科的な手術が不可能になることもあるので、早期発見からできる限りの処置が行えるのが望ましいです。

 

再発を早期発見するためには定期検診が重要です。
健やかであることを証明してもらう大切な機会ですから、病気を見つけるタイミングを日常生活に持つべきです。

 

 

【芸能人も悩まされている悪性リンパ腫】
芸能人が闘病生活を送り、壮絶な人生を送って最後を遂げるというエピソードも多い悪性リンパ腫。
治療法は抗ガン治療や放射線治療のほか、外科的な治療で病巣を叩くアプローチが成されています。

 

どのような治療を選択するかは病巣や体力も影響します。
高齢者に多い再発例に対しては、厳しい選択を迫られることもあります。

 

高齢者に多い悪性リンパ腫の再発。
非ホジキンリンパ腫に分類されるものは、50〜60代がピークになるという特徴を持っています。
高齢者に多いということは、治療の選択肢が限定的になることもあるので、定期健診からの早期発見が重要です。

スポンサーリンク