胃マルトリンパ腫 予後 特徴

胃マルトリンパ腫の予後と特徴

スポンサーリンク

胃マルトリンパ腫はきちんと治療に励むだけで予後は良好な病気です。
無症状を呈することが多い特徴を持っていますが、健康診断で病気が明るみになった時には、積極的な介入から早期治療・回復を心掛けるべきではないでしょうか。

 

 

【胃マルトリンパ腫の予後】
きちんとした治療方法が確立されている胃マルトリンパ腫の予後は、決して悪いものではありません。
ピロリ菌除菌治療によって大多数が治り、それから再発を認めることなく生存する人もたくさんいます。

 

この病気の特徴は良性である可能性が高いという点ではないでしょうか。
悪性の要素が低いという特徴は、腫瘍に対する特別な知識が無い人にも安心できる要素です。
癌はすぐ死に直結するわけではありませんが、まだまだ未来を想像すると暗くなってしまうネガティブなイメージを持つ方が多いのも事実です。

 

胃マルトリンパ腫の予後は治療効果が反映されるため、除菌治療による効果が高ければ、放射線治療や外科的治療を行わないこともあるほどです。

 

スポンサーリンク

 

【昔と今の治療の違い】
昔は胃マルトリンパ腫と診断されると、ファーストチョイスが外科的治療でした。
でも、胃の全的を行うこともあるなど、手術によるリスクが大きくなり、かえって予後が悪くなってしまうこともあり、現在のような治療スタイルが確立されています。

 

病気は切って治すという考えから、できるだけ切らずに治すというのが特徴です。
胃マルトリンパ腫もその一つといっても良いでしょう。
外科的な治療はほかの方法で対応して患部が改善しきらなかった時の選択肢になっています。

 

 

【早期治療は予後を良化させる】
健康診断によって胃マルトリンパ腫が見つかった場合には、早期発見であることが多く、治療による予後は良好なのが一般的です。
良性であることが多い胃マルトリンパ腫の特徴は、進行度が速い悪性疾患とは違って、病巣へのアプローチを行うことで問題が解決されます。

 

胃マルトリンパ腫の特徴を示す病気が見つかったのであれば、予後を良くするためにも早期治療へと踏み切りましょう。
現在は除菌治療が主流となっており、そこから放射線治療や外科的治療の選択を行います。
こうした治療の特徴を知るだけでも、前向きに今後が考えられます。

スポンサーリンク