胃マルトリンパ腫 生存率

胃マルトリンパ腫と診断されたあとの生存率

スポンサーリンク

胃マルトリンパ腫はほとんどが良性と判断されますが、一部が悪性となるケースが存在します。
きちんと治療を行うと治癒する確率が高いものですし、積極的な介入によって5年生存率も80%を超えるくらいなのが特徴です。

 

 

【病気への気づき】
胃マルトリンパ腫はほとんどが無症状なので、健康診断で発覚するということが圧倒的に多い病気です。
ですから、定期的に消化器系の評価を行うことで、こうしたリスクの有無を確認するべきです。

 

胃マルトリンパ腫は生存率の高い病気です。
80%ほどが良性と判断されます。
一部悪性として判断されることもありますが、外科的な治療よりも投薬治療や放射線治療によって完治を目指すのが一般的。
こうした前向きな介入を行っていれば、生存率は高い状態を迎えます。

 

胃マルトリンパ腫はリンパ組織に起こる病変です。
胃だけでなくほかの消化器系にリンパ腫が生じることがありますが、胃に限局して起こる可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

【除菌治療が胃マルトリンパ腫の主流】
胃がんのリスクを低下させるためにピロリ菌除去を行うというのが世間的にも浸透していますが、胃マルトリンパ腫も同様に除菌治療が現在の主流です。
ピロリ菌が陽性の場合には、積極的に除菌を行います。
高い効果が得られるのと、胃がんによる生存率低下を未然に防ぐことも可能です。

 

胃がんのリスクとして知られているピロリ菌は、消化器に存在しているかを簡単に確認できます。
その後の治療については医師との相談になりますので、もしも胃マルトリンパ腫が見つかった時には除菌治療を行って完治を目指すべきです。
それから放射線治療や外科的治療の相談に入るのが基本です。

 

 

【生存率を二分する健康診断の効果】
胃マルトリンパ腫をはじめ、症状がほとんど感じられないものでも、実際には自分の体を蝕んでいることがあります。
それを知るためにも健康診断が重要です。

 

健康であるという太鼓判をもらうためにも、定期的な健康診断を受けましょう。
日常生活に大きな穴があいてしまってからでは生存率にも関わります。

 

胃マルトリンパ腫は無症状のことが多いので、健康診断を定期的に実施しながら、消化器系に及ぶリスクを確認するのがおすすめです。
治療が早期に行われると生存率もアップします。
いつまでも健康でいたい方ほど、たまには自分の体調を見直してみてください。

スポンサーリンク