悪性リンパ腫 末期症状 余命

悪性リンパ腫の末期症状だと余命はどれくらい?

スポンサーリンク

悪性リンパ腫という診断を受け、末期症状という衝撃を医師から告げられると、あとどれくらい生きられるのだろうという余命が気になります。
病態によって大きく異なりますが、残された日数が少しでも長くなる努力も重要です。

 

 

【体力が無ければ余命はわずか】
悪性リンパ腫の末期症状だという診断が下ったのであれば、体力が無ければ余命数ヶ月というケースも少なくありません。
場合によっては突然病態が悪化して、命を落としてしまう危険もあるのです。

 

病気と向き合うためには体力がある人の方が有利です。
いくら完治の見込みが無くても、病状の進行を遅くする処置が使えたり、痛みや苦痛を和らげるような処置も存在します。
でも、体力があってこその医療的な支援なので、基礎体力が削られないような生活を心がけましょう。

 

【悪性リンパ腫でも治療はできる】
悪性リンパ腫はすぐに死をイメージするかもしれませんが、治療ができない末期症状という判断が医師によって行われない限りは、医療の力で治療を行うことができます。
それによって余命を長くする期待も膨らみます。

 

悪性リンパ腫に対する正しい知識を持ち、末期症状が出ていても毎日の生活が少しでも充実するよう、医師と相談しながら今後を決めるべきです。
余命が長くなれば、残された家族や愛しい人と過ごす時間も増えるはずです。

 

スポンサーリンク

 

【医師との相談による納得が重要】
悪性リンパ腫の末期症状という判断が出たとしても、今後の相談は自分が納得のいくように医師と交わすべきです。
そこで悔しい気持ちを爆発させるのは構いませんが、どう向き合っていくかを考えることも大切です。

 

医師との相談で末期症状をどのようにやり過ごしていくかを考えるだけでも、苦痛に顔を歪める時間を少なくできます。
未来のビジョンを一緒に話し合うことこそ、残された余命を大切に過ごす時間を決めます。

 

悪性リンパ腫の末期症状と診断を受けた時には、余命のことが気になるはずです。
医師から説明を受けて今後の人生の歩み方を相談し、あとは残された時間を大切に過ごしましょう。
無駄な時間を使うことが無いよう、納得のいくまで話し合ってください。

スポンサーリンク