悪性リンパ腫 ステージ4 高齢者 症状

悪性リンパ腫のステージ4と診断された高齢者の症状

スポンサーリンク

悪性リンパ腫のステージ4と診断されたからといって、全ての患者が同じ症状ではありません。
高齢者なのか若年者なのかによっても進行が異なります。
ですから、どんな症状が日常に不便さを起こしているかを確認することが必要です。

 

 

【悪性リンパ腫のステージ】
悪性リンパ腫は転移の可能性がある病気です。
ステージ4と診断されているということは、病巣が一つではなく複数の箇所に存在している証拠です。
これは高齢者でも若年者でも同じです。

 

悪性リンパ腫による症状は病巣によって異なります。
ステージ4になると苦痛が大きくなるように思うかもしれませんが、日常生活にあまり影響を感じることがなく、気付くのが遅れてしまうことも珍しくありません。
逆に健康を害するような部分に症状が及ぶと、ステージに関わらず不調を訴え診断に至ることもあるのです。

 

 

【高齢者の悪性リンパ腫】
高齢者がステージ4の悪性リンパ腫と診断された場合には、日常生活に大きな穴をあけるようなダメージを起こしていることもあれば、苦痛はあっても生活できるという状況であることも考えられます。
人によって症状の感じ方が異なるのは、ほかの病気にも同じことが言えるはずです。

 

同じ高齢者でも感じ方は違いますし、「一概にこうである」判断ができないため、一人一人の状態に合わせた支援を医療機関は考えなければなりません。
緩和ケアを受けながら最後を迎える高齢者もいれば、抗ガン治療や放射線治療を受けて長生きすることもあるのです。
ステージ4だから諦めるというのは一昔前の考え方です。

 

スポンサーリンク

 

【ステージ4でも5年生存率は残されている】
悪性リンパ腫のステージ4という診断は、誰もが未来が真っ暗になる印象を抱くはず。
進行が遅い高齢者でも、未来を考えることをやめてしまう衝撃があるでしょう。

 

でも、実際には症状のコントロールができるだけでも余命は伸びますし、抗ガン治療や放射線治療で日常生活に不便しない状況を作ることは可能です。
ステージ4でもできることが残されている場合には、症状の解消は期待しても良いのです。

 

悪性リンパ腫のステージ4という診断を受けても、全ての高齢者が同じ経過をたどるわけではありません。
症状は人によって異なりますし、その後の人生も異なります。
5年生存率を見てもわかる通り、余命数ヶ月が絶対なわけではありませんので、色々な方法で前向きに治療を行うことも大切です。

スポンサーリンク