悪性リンパ腫 ステージ4 寿命

悪性リンパ腫のステージ4になった時の寿命

スポンサーリンク

悪性リンパ腫のステージ4になった時の寿命は、一概に提示できるものではありません。
病巣がどこにあるかや、基礎的な体力がどれくらいあるかによって、その後の人生が大きく変化します。
早ければ余命数ヶ月を言われることもあるでしょうし、数年生きることも十分考えられます。

 

 

【悪性リンパ腫ステージ4の寿命】
悪性リンパ腫のステージ4といっても、病巣がどこにあるかや生命維持に必要不可欠なところであるか否かによっても寿命が違います。
ですから、一概に余命数ヶ月という判断が下せないのが現状です。

 

医師は病気の進行度合いや患者の体力など、総合的に評価を行って寿命の説明を行います。
それからの過ごし方によっても長くも短くも変化するものなのです。
それは、悪性リンパ腫のステージ4に限っての話ではありません。

 

スポンサーリンク

 

【治療ができると寿命も延びる】
悪性リンパ腫のステージ4だからといって、何も治療ができずに死を待つことは稀です。
何らかの対策があり、その効果によって寿命にも変化が起こります。
医師より今後の相談を受けた時には、率直に予後の相談をしてみましょう。
まだ頑張れる要素が残っているのであれば、そこに賭けるのも一つの考えです。

 

治療ができるということは、悪性リンパ腫のステージ4だとしても完治の可能性が無いわけではありません。
昔と違って効果の高い治療方法がたくさん出ており、外科的な手術ができないケースにも適応できるため、それが寿命を飛躍的に伸ばす可能性を広げてくれます。

 

悪性リンパ腫のステージ4という評価は、絶望を感じるような表現に思えるかもしれませんが、そこからできることを医師と見つけ、本人だけでなく家族が協力することで、がんに打ち勝つ結果を手にすることも夢ではありません。
だからこそ、積極的に介入し、回復を願って頑張るべきなのです。

 

悪性リンパ腫のステージ4は、治療の選択肢が残されている場合には積極的に前を向いて行動するべきです。
その勇気が寿命を延ばすことに繋がります。
悪性リンパ腫が治癒することだって、まだまだ捨てたものではありません。

スポンサーリンク