悪性リンパ腫  余命宣告 対処法

悪性リンパ腫で余命宣告を受けた時の対処法

スポンサーリンク

悪性リンパ腫で余命宣告を受けた時には、そこからどういった対処法が残されているかを伺うべきです。
何もせずに死を待つのではなく、回復の可能性が少しでも残されているのであれば、そこに賭けてみるのも良いでしょう。

 

 

【余命宣告はあくまで推定のもの】
悪性リンパ腫で余命宣告を受けたとしても、それはあくまで医師の見立ての理論です。
その通りにいかないこともあるので、医師から告げられた期間を過ぎても元気で暮らしていることも考えられます。
その反対に、短期間で症状が進行し、命を落としてしまうことも考えられます。

 

推定のものではあっても、自分に残された時間を告げられた時にはショックが大きいはず。
そこからどんな対処法があるのかを伺いつつ、少しでも前を向いて進む勇気を養いましょう。
もしかすると、治療効果が期待できる方法が残されているかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

【可能であれば治療を考えるべき】
悪性リンパ腫のステージ4で、外科的な手術が難しいと医師から説明を受けたとしても、まだ余命が残っている間はできることをひたむきに頑張りましょう。
もちろん、治療は行わずに静かに最後を迎えたいという意見も尊重してくれます。

 

効果は100%ではないにしても、これからの人生を繋ぎとめる結果を与えてくれるかもしれない治療技術はいくつも存在します。
悪性リンパ腫にかかったとしても、対処法が残されている場合には実践すべきではないでしょうか。

 

対処法がなく死を待つだけではないのであれば、その望みに賭けて努力をしてみましょう。
余命宣告を受けても実際には長く生きることができるかもしれませんし、悪性リンパ腫に負けない状況が生まれる可能性もあるはずです。
余命宣告は必ず当たるものでもないので、これからどうするべきかをじっくり相談しましょう。
複数の対処法があって、悪性リンパ腫の治療が選択できることもあります。

 

悪性リンパ腫による余命宣告を受けたとしても、対処法が残っている場合には実践するべきです。
あくまで医師の見立てによる余命宣告ですから、対処法に効果があれば延命も十分考えられます。
何もせずに最後を待つのではなく、できることから始めましょう。

スポンサーリンク