悪性リンパ腫 症状 子供

子供も悪性リンパ腫の症状を呈することがある

スポンサーリンク

悪性リンパ腫は大人の病気というイメージがあるかもしれませんが、子供でもかかるものがあります。
大人ほど症状を訴える正確性を有していないため、発見が遅れてしまうこともあります。
日頃から子供の変化を見ておくことが、早期発見に繋がります。

 

 

【子供もかかる悪性リンパ腫】
小児がんというワードを聞いたことがあるでしょうが、これは悪性リンパ腫も含まれています。
小児がんのうちの10%ほどを占める病気です。

 

大人が発症する病気というイメージが強い悪性リンパ腫。
ところが、同じような症状が子供にも起こるケースが存在するのです。
リンパ節が腫れることで保護者が気付き、医療機関で検査を受けることで発覚します。

 

 

【画像診断から見つかることがある】
はじめから悪性リンパ腫を疑って診断をつけるというよりは、子供の場合はたまたま見つかるということが大多数。
レントゲンなどの画像診断にリンパ節の腫脹が映り込み、詳細な検査をすることで症状がわかったということもあるのです。

 

風邪のような症状が続くこともあるので、保護者は自分の子供が悪性リンパ腫であるという判断で医療機関を受診することはほとんどありません。
ですから、見つかった時の衝撃が大きいのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【前向きな治療が今後に繋がる】
我が子が悪性リンパ腫だからといって、希望を捨ててはいけません。
色々な方法で症状を改善する治療がありますから、前向きに親子で健康な状態に向かう勇気を持ちましょう。

 

悪性リンパ腫になったとしても、再発のない人生を送ることができるかもしれません。
再び症状に悩まされる期間が治療終了から2年が経過していればリスクが少ないと判断できますし、もっと長期的に症状が感じられないのであれば、ひとまず完治という判断もできます。

 

子供にも存在する悪性リンパ腫という病気。
保護者は症状に気づかず、病気を見逃してしまうことも少なくありません。
もしも診断を受けても前向きに治療に励み、再び親子に笑顔が灯るよう、健やかな明日に向かって歩みましょう。

スポンサーリンク